FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
秘め始め
2008-01-13 Sun 23:25

「おじさま…お出かけ…?」
年末進行の締め切り、お正月の雑事、ずっと家にいた叔父がうきうきと外出の支度をしている。
もしかして…?…また…?
痛む心を押し殺して聞いた美羽に返ってきたのは

「うん…カワイイお姉ちゃんと遊んでくる」


やっぱり…いつもどおり答える叔父のあまりに明るい顔に、「他の女の人に触れるくらいなら、私を抱いてください」


「…」


あっ…躊躇う間も無く発せられた言葉に、冬の晴れ間に照らされた玄関は一瞬凍りついたようかに見えた。 でもそれは美羽にだけだったようで返された言葉は


「んっ…おカンチョウさせてくれるならね」


いたってのんきな叔父の言葉だった。 
そのあまりの明るさに一瞬、目を見開いたものの、ここではぐらかせてはいけない…
ずっと想っていた私を知ってもらわなければ…

「何でも…おじさまが望むなら…」
言いながらも頬が熱くなる。 

「ちっ!」
いつもなら頬を朱に染めて逃げ出す姪の、思いがけない言葉に小さく舌打ちをして
「カンチョウだけじゃなく、鞭でぶたれたりするんだよ…」


「… は  い…」




スポンサーサイト
[PR]

別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| 静寂の花 | 闇色 14>>
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012-11-03 Sat 13:54 | | #[ 内容変更] | top↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013-02-10 Sun 10:17 | | #[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 静寂の花 |

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。