FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
闇色 3
2007-05-06 Sun 22:14

「はなして…ください…」
「放してもいいんですよ。 でも、借金はどうします?このまま私のものになれば、借金の心配はなくなるんですよ。」
「そんな… あっ… んっ んんぐぅ …っ…」

腕の中で身を強張らせやっとのことで震える声を出した私の耳に唇を当て、思いがけない言葉を呟いた八千草さんに、思わず振り向いた私の唇を捕らえ深く抱きしめたのです。 いやいやと首を振る私の押さえ、角度を変え深くむさぼるような口付けに私の温度は上がりやっと身をもぎ放したときには、大きく息を乱しておりました。 まだ手を握られているものの、振り払われない訳ではないのですが帰る訳には行きません。 信じられないように見上げる私の耳元に唇を落とし、舌を這わせながら、優しく囁くのです。

「ずっと、こうしたかったんです。 でも…無理強いはしませんよ。 すべては貴女しだいですがね。」
「ずっとって… そんな  私… 夫が居るのに…」
「その旦那様の為にもなるんですよ…旦那さんも借金の心配が無くなれば帰って来るでしょうし… 貴女もずいぶん辛い思いをしたのでしょう? 全て 私に任せてしまえばいいんですよ…」
「あっ… あの人の為…」
「そう…貴女が私のものになれば…すべて丸く治まるんですよ…」
「すべて… ぁあ …」

私は疲れていたのでしょう…毎日金策に走る夫を見守る事にも、そしてすべてを投げ出してしまったかの様な夫の杳として知れない行方を捜す事にも、そうでなければあんな破廉恥な申し出に心を動かされることもなかったはずがないのです。 久しぶりに触れる人の温もりに包まれて、優しい言葉にかけられて強張っていた私の躯が少しずつ力が抜けるのが分かったのでしょう、今度は静かに口付けられ、それはだんだんと淫らさを増していったのです。 歯茎を、柔らかな口中を舌が這い回り、甘く舌先を吸い上げられて私の躯は先ほどとは違う意味で震えておりました。 抗わなければ、押し返してこの場から離れなければという心と、夫の為に私さえ我慢すれば、そんな二つの心に私は揺れていたのです。 このまま、無理やり奪われるのならば夫にも言い訳できる、そんな私のずるい思いを見抜いたかのように、熱く抱きしめていた手をいきなり離し、じっとわたくしを見つめたのです。


「無理強いはしたくないと言ったでしょう。 もし貴女が受け入れてくれる気があるのなら、自分で着物を脱いでください。」
「そんな…自分でなんて…」
「出来なければ、そのままお帰りなさい。」
「っ… ………」


それきり私を放して椅子に腰掛けてしまった八千草さんに、私は言葉を失ってしまいました。
明るい日のさす応接室で夫以外の殿方に肌を見せることさえ躊躇われるのに、自分の手で晒すなんて出来るはずがありません。 けれども、このまま戻っても誰の為にもならないのは分かっております。 何よりいきなり離れた肌の温もりに私の躯は寒さを感じていました。

「どうしますか?」

八千草さんの言葉に、私はうつむき、帯締めに手をかけたのです。

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
別窓 | 闇色 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<闇色 4 | 静寂の花 | 闇色 2>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 静寂の花 |

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。