FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
闇色 1
2007-04-26 Thu 06:22

「んっ  んんっ…ここは…?」
「あうっ 痛っ 」

聞きなれない声に、ぼんやりと瞳を開いた私は見知らぬ天井に驚き身を起こそうとしました。 ほんの少し身動きしただけで、躯の節々が痛み、その痛みがわたくしの境遇を思い出させたのです。 躯が痛まないようにそろそろと身を起こしたわたくしは、夜通し男たちに弄られ、注がれた精を全身に貼り付け股間から白蜜を滴らせてつかの間の眠りをむさぼっていたのでしょう。 野卑な男たちの声に目覚めさせられたわたくしのぼんやりと開いた瞳は泣きつかれて赤くなり、陵辱に疲れた顔は青ざめ、目の下には深い翳りがさしているのでしょう。
目の前の男物の靴に思わず後ずさったわたくしは、背に感じる冷たい感触に辺りを見回せば周りは鉄格子に囲まれています。 怯えるわたくしに男は昨日の辱めを思いださえるような言葉をかけるのです。


「ふふ、気がついたかね?奥さん。夕べは凄かったね。奥さんがあんなに淫らな姿を見せてくれるなんて、感激したよ」

「さて、社長がお待ちかねだよ」
「お願いです…もう帰してください…」

「ああ、社長がね。奥さんが条件を飲んでくれたら、すぐにここから出してやるって約束するそうだよ。」


私の必死の願いに、男は、思いも寄らない提案をするのです。


「ふふ、それはね…社長のものを口で大きくして、一滴残らず飲み込むことだ。」
「そんな事出来ません…そんなはしたない事…」

夫にすら許したことのない行為を強要され、大きく首を振るわたくし。
どれ程の哀願も男の心を動かすことは出来ずに、力なくうなだれるわたくしは、このままここで過ごすよりはと、やっと小さくうなずくのです。


「わかりました…やります…」
「やっとわかってくれたか。 うまくやれたら家に帰したやるからな」
「ふふ、だが、奥さんはまだ経験が少ないようだね。これでレッスンをうけてもらうよ」
「ひっ…そんな…」

経験不足を昨夜のうちに確かめた男は、まずは練習をと、グロテスクな男性を模した物を次々とわたくしのお口に押し込むのです。 始めて見る大人の玩具に 恥ずかしげに伏せた睫毛を震わせて、おずおずと舌を差し出すわたくしを 面白そうに見下ろして、舌の動きや頭の動かし方などを下卑た言葉で指示したり、髪を掴んで引き抜いたり、いきなり喉奥へと突きたて、えずくわたくしの涙を楽しむのです。

 

「ほら、もっと美味そうに舌を使うんだ」
「たくましいわ とか 気持ちいい?とか、声もかけて」

「いいかい、社長の前に出たらこういうんだぜ。 『社長・・夕べは素敵でしたわ・・今夜はわたくしがお口でご奉仕したいの。 ご満足なさったらわたくしのお口の中にたっぷりとお出しください。 全部飲み干しますわ。 その代わり、ちゃんとご奉仕が出来たら、ここから家に帰してくださいますわね』 とね」

 




そんな淫らな指導をお口に受けているというのに、何本の手がわたくしの躯を這い回るのです。


 

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
別窓 | 闇色 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<闇色 2 | 静寂の花 | 生成り 11>>
はじめまして
緋和さん、はじめまして。
いつも読ませていただいてます。すごく昂奮します。
本職の官能小説作家みたいだわ。
また、来ますね。楽しみにしています。
2007-04-28 Sat 12:34 | URL | 裕子 #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 静寂の花 |

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。