FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
生成り 11
2007-04-24 Tue 20:25

何も知らぬ夢の中で3人の手によって高みへと押し上げられた陽菜の躯はぴくぴくと跳ね、淡い翳りは溢れた蜜で濡れ張り付いて幼い花びらを浮き上がらせています。
とろとろと流れる蜜をすすった人影は、堪え切れないというように澪の手を振り切り、微かに声を上げ開いた陽菜の唇へと先走りに濡れた昂ぶりを当て腰を動かし始めたのです。 柔らかな唇にぬめりを広げるように滑らせる動きに合わせて澪の唇が横へと当てられます。 そんな姿を見ていた風間は澪の後ろへと立ち、ひくつく菊孔をゆっくり指で揉み解し始めたのです。

『くぅ… んんっ…柔らかい 唇が んっ…』
『やぁぁん 省吾 だめ そこは…』
『まだ、今日はここを可愛がって居ないからね…準備しておかないと…』
『はぁ …澪の口も熱くて…』
『 あんっ… っああ…』
『ほら…美味しそうに指の見込んでいくよ …いやらしい澪のお尻が…』


二つの唇に挟まれ苦しげに眉を寄せる人影、菊孔を省吾の指で広げられ、甘い声を漏らしながら奉仕を続ける澪。 


まだ荒い呼吸の陽菜の上を昂ぶりが澪の唇が滑り、滴る雫が陽菜の顔を濡らしていきます。 いつの間にか省吾の指は二本に増やされ、大きくなる声に、陽菜が目覚めてしまわないか心配になるほどです。 今目覚めてはせっかくの計画がだめになると思いながら、それならそれで、このまま陽菜の処女を奪ってしまいたい、そんな欲望に気づいたのか、澪が自分の声を塞ぐ様に、人影の昂ぶりを咥え、唇できつく締め付け頭を上下させます。

『んぐっ …んっ んんっ…』
『あぁ…澪 … いい もっと…』


裏の縫い目を陽菜の唇に擦り付けながら動く人影の先端の窪みを澪の舌先が擽り、根元をきつく手で握ったり開いたりを繰り返します。 お尻を淫らに突き出し、触られないままの澪の太腿を愛液が伝い、そのぬめりを掬って省吾が菊孔へと注ぎ込み、部屋には妖しいうめき声と水音が響き渡るのです。

『ぅ いく でるっ!』
『あっ ぁあ いっちゃう 』
『いけ、澪 お尻を指で嬲られて』

『うっ あぁぁ…』

眠る陽菜の口に白い奔流を浴びせた昂ぶりを、うつろな瞳で舐め清める澪から指を引き抜き、風間は陽菜の脚から下着を抜き取り、タンスから取り出した新しい下着を陽菜に穿かせると、衣服を元通りに整えたのです。 昂ぶりを舐め終えた澪は今度は陽菜の顔に散った樹液を綺麗に舐め取り、けだるそうに髪を掻き揚げました。


『さぁ 続きは向こうで…』


3つの人影はくすくすと満足そうな笑みを漏らしながら、地下室への階段を下りていったのです。

スポンサーサイト
[PR]

別窓 | 生成り | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<闇色 1 | 静寂の花 | 生成り 10>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 静寂の花 |

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。